≪会社概要≫

会 社 名 サノ・テクノ株式会社
Sanotechno Corporation
創  立 昭和16年6月
設  立 昭和26年6月
所 在 地 本社
(総務部)
(マテリアル部)
〒820-0062
福岡県飯塚市目尾661-16
Tel0948-22-2025 Fax0948-22-9066
福岡営業所
(プラント部)
〒812-0007
福岡市博多区東比恵3-28-28 田雑ビル2号室
Tel092-472-7407 Fax092-472-7473
資 本 金 3,500万円
代 表 者 代表取締役会長 佐野輝紀
代表取締役社長 井上千恵美
事業内容 1.鉱工業品の販売(マテリアル部)
2.プラント設計施工(プラント部)
3.メディカル製品の紹介
建設業許可 福岡県知事許可 第91371号
許可業種 電気工事業、管工事、機械器具設置工事業、
タイル・れんが・ブロック工事業、清掃施設工事業
主要取引銀行 西日本シティ銀行、福岡銀行





    ≪会社沿革≫

昭和16年6月 福岡県飯塚市吉北に「佐野耐火鉱業所」を設立、八幡製鉄所と納入契約を締結し、耐火粘土の納入を開始。
昭和26年6月 「合資会社 佐野耐火粘土鉱業所」と改称。資本金60万円
昭和32年4月 新日本製鐵鰍ニ黒崎窯業鰍ニの業務提携により、黒崎窯業鰍ノ納入を移管。
昭和36年6月 粉砕工場を建設。耐火粘土粉末の製造を開始。
昭和45年3月 「合資会社 佐野耐火」と改称。佐野輝紀が代表社員となる。
昭和45年11月 資本金700万円に増資。不定形耐火物の製造販売を開始。
昭和47年5月 大村耐火鰍ニの取引開始。
昭和48年3月 三井アルミナ製造鰍フ販売代理店となる。
昭和48年8月 本社を現在位置(福岡県飯塚市目尾661-16)に移転。
昭和50年2月 資本金1,500万円に増資
昭和50年10月 福岡営業所を開設。環境衛生事業を開始。
昭和56年10月 潟Nボタとの取引開始。営業支援並びに工事請負業。
昭和62年10月 クボタ機工鰍ニクボタ環境サービス鰍ニの取引開始。
昭和62年12月 三井アルミナ製造兜ツ鎖に伴い日本軽金属鰍ノ製造移管し、
日本軽金属鰍ニの取引開始。
平成元年4月 日本ガイシ鰍ニの取引開始。
平成元年11月 粉砕工場を閉鎖し赤池耐火材料鰍ノ出資し業務移管。
平成2年4月 サノ・テクノ叶ン立。資本金2,000万円。
平成7年12月 黒崎窯業鰍ニの業務提携により景観材の販売開始。
平成8年9月 大川トランスティル鰍フ販売代理店となり焼却炉の販売開始。
平成9年9月 ダイオキシン対策の工事を九州で最初に施工する。
平成10年6月 「(資)佐野耐火」と合併、資本金3,500万円。
新社名、「サノ・テクノ梶v代表取締役 佐野輝紀。
平成27年6月 代表取締役会長 佐野輝紀 就任。
代表取締役社長 大穂勝敏 就任。
平成29年6月 代表取締役社長 井上千恵美 就任。




    ≪主要取引先≫

有限会社アスカ
有明商事株式会社
株式会社石垣
Union Corporation(Korea)
宇部マテリアルズ株式会社
株式会社SNリフラクチュア東海
株式会社エトーインダストリー
大村セラテック株式会社
株式会社川田商会
菊竹産業株式会社
キンセイマテック株式会社
草野産業株式会社
株式会社クボタ
クボタ環境サービス株式会社
株式会社クリタス
黒崎播磨株式会社
啓和炉材株式会社
コーワ研磨材工業株式会社
株式会社五島鉱山
清水産業株式会社
正栄商会株式会社
昭和KDE株式会社
新日本海重工業株式会社
住友重機械エンバイロメント株式会社
田中藍株式会社
株式会社中越黒鉛工業所
株式会社TYK
デンカ株式会社
東和商事株式会社
日本磁力選鉱株式会社
日本電工株式会社
日本軽金属株式会社
日鉄環境プラントソリューションズ株式会社
株式会社日立プラントサービス
株式会社日立製作所
株式会社フソウ
古河産機システムズ株式会社
フォセコ・ジャパンリミテッド
松田都市開発株式会社
三井金属鉱業株式会社
三井物産株式会社
ミンテックジャパン株式会社
メタウォーター株式会社
屋久島電工株式会社
ユニチカ株式会社
官公庁、公共施設(県市町村)
(順不同)

Copyright(C)2011 サノ・テクノ株式会社 .All Rights Reserved.